銀行にお金を借りる時の手順

銀行にお金借りるには、いくつかの手順があります。
まず銀行との手続きに入る前に、必要な金額を確認しましょう。
目的ローン(マイカーローンなど、資金使途の制限があるローン)は必要額の確認出来る見積書などの書類を提出するようになりますが、その書類に記載のある金額以上には貸せないことになっています。金額を変更するとなると再審査になるなど手間も時間もかかりますので、必ず確認してからにしましょう。
資金使途の制限がないフリーローンも同じです。
目的ローンより金利も高めの設定になっていますから、多く借りるとその分利息もかかり無駄になってしまいます。

金額の確認が出来たら、銀行への申し込みに移ります。
店頭で、またはインターネット等で申し込み出来る銀行も増えていますから自分に合った方法で申し込みをしましょう。
申し込みをする前に必要な書類を確認しておくと間違いありません。
本人確認資料や印鑑のほか所得証明書なども必要になることがあります。

申し込みをしたらあとは審査結果を待ちましょう。
無事に審査を通れば、銀行にお金を借りることができます。
借入金は申し込みの時に希望した日時に口座へ借入金が入金されます。
目的ローンの場合は資金使途の確認のため、現金での払い出しは出来ず振り込みなどをするよう言われることもあります。

ここで説明したのは一般的な手順ですので、銀行により取り扱いが異なる場合があります。
申し込みの際に今後の日程について聞いておくといいでしょう。