お金持ちになりたい!

■①悩み


お金がなくて辛い

■②テーマ(金運をあげる)


今回は金運をあげていく方法をお教えいたします

■③あなたの願い


これを読むことであなたは、金運をあげ自分が望むお金を稼げる方法を得ることができます。

■④人生はお金


人生というのは全てお金です。

巷で起こることの9割はお金に関する話、何をするにもお金が必要です。

あなたは今お金に苦しんでいますか?

働いても働いても一向に楽にならない。むしろ出ていく一方。

これから先どうなるのか不安は募る一方です。

家庭を持っている方は、今は年配の方にお金が流れていて若い人にはお金が流れていない、こういう状況では子育てに本当に苦労すると思います。

あなたの責任ではありません社会の仕組みがおかしいのです。

昔はお金がなくても暮らせたので貧乏でも問題なかったのですが今は貧乏であることすら許されない。

長引く不況、20年デフレだった我が国は成長を止め若い人から搾取しながら生きながらえてきました。

この世界は理不尽です。

誰もあなたを助けてくれません。

いつまでも奴隷でいたいですか?

あなたが前へ進む勇気を持つのであればこの先をお読みください。

決して表では出てこないような裏技をお教えします。

■⑤稲荷神社へ願掛けする(裏技)


私は神主ですので神社の参拝の方法で金運を上げる方法をお教えします。

そんなの当たり前じゃない?

そうではありませんここから重要なお話になってきます。

是非とも稲荷神社へお参りしていただきたい。

稲荷神社?

商売繁盛の神社です。よく経営者のお宅などには稲荷社を祀っていることがよくあります。

お金を運んで来てくれるのはこの稲荷神です。

ただ・・・・・

元々稲荷神社というのはウカノミタマという神様が主祭神です。ただし五穀豊穣が主なご利益でした。

しかし江戸時代爆発的に稲荷信仰が流行った際に商売繁盛のご利益が加わりました。

この時、拝まれていたのは、ただの使いに過ぎない狐でした。しかし、いつしか狐も神格化し活動しています。

裏技とはまさにこの狐様にお願いするということです。

「どうか私は大変苦しんでおります。お金がすぐ必要です。稲荷神様の御神徳を頂きたく思います」

このように願掛けを毎日一か月以上続けてください。
普通に本殿でお参りするので結構です。

狐様は神様ではありませんのであなたの欲望を聞いていただけます。

ただ、注意していただきたいのはしっかりお礼もしなければいけません。

願いが叶った暁にはきちんとお礼を申し、無礼を働いてはいけません。

それを怠った場合はあなたの子孫に神様が運んできたお金を回収しに行きます。

だから注意して頂きたいというのです。

そして一度お参りしたら定期的にお参りを欠かさないようにしてください。

叶ったからもういいやお礼もしたし、という心構えでもいけません。

そんなの大変じゃん?

だから裏技と申しています。普段神主としてはこのようなことは勧められません。

特に稲荷神社のお祓いなどは気をつけてお参りさせて頂います。裏を返せばそれだけ効果があるということでもあります。

本当にお金に困っているのであれば実践してみてください。

■⑥今回のポイント


重要なポイント

・お金がなくて困っているのであれば稲荷神にお願いしましょう
・ウカノミタマ様ではなく狐様にお願いしてください。
・毎日一か月以上通ってください参拝するだけで結構です。
・お願いが叶った後は絶対にお礼参りをしなければいけません。
・定期的にお礼参りとご加護いただけるようお参りします。

以上が神社を活用した金を著しく上げる方法です。この他には引き寄せの法則も使えますので、下にリンクを貼っておきますのでそちらの方もご覧ください。

引き寄せの法則の方が安全に実践できるので、ちょっと怖いなと思った方はそちらの方でお願い致します。

■⑦結びに


さて、いかがだったでしょうか?
今の日本というのは皆ゆっくり貧乏になっています。
男性の給料は下がり続け定年も怪しい。

正社員という地位がどんどん下がっています。

これではますますお金に困る人が増えていくのは当たり前でしょう。

是非あなただけでもこの負の連鎖を断ち切っていただきたい、そう思って今回あまり人には勧めない方法をお伝えすることにしました。

早急にお金に困ってる人はたくさんいます。あてもないつてもない、そういう時は是非神様にお願いいたしましょう。

あなたを助けるのはあなたしかいません。ゆめゆめ忘れないようにしてください。

関連記事

  1. 黒魔術で富がザクザク!?

  2. 絶対幸せになりたいですか?【多次元引き寄せ】

  3. 家の中に結界を貼る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA